• ユニットバスにリフォームするメリット

    • お風呂場をリフォームするときには、ユニットバスを選択する人がほとんどです。ユニットバスのメリットは、あらかじめ工場で作成したものを、現場で組み立てていくため、取り替え工事は3日から4日程度で可能。防水性が万全。



      掃除が楽。

      いろいろな日本経済新聞の情報を掲載しています。

      タイルに比べると目地がないため、カビがめだちにくい。


      断熱性が高いなどさまざまなメリットがあります。

      特に、防水性は高く階下や床下に漏水する可能性が非常に低いということにつながります。一方、デメリットとして、メーカー既成のものしか難しいため、今の浴室よりも狭くなる可能性があったり、デザインもパターン化されているなどがあげられます。

      フローリングの補修情報に精通したサイトです。

      戸建て住宅の場合、元々の壁を壊さずにそのまま利用する場合には、浴室が少し狭くなる可能性はありますが、マンションリフォームの場合には、今のサイズよりも小さくなることはほとんどありません。
      それは、マンションの場合、はじめからユニットバスを納めるだけのスペースがあるためです。

      浴室は、ユニットバス以外にも、在来工法の浴室があります。

      在来工法とは、タイル貼りの浴室のことで、ユニットバスに比べると、オリジナルの浴室を作ることができるというメリットがあります。


      また、浴室のサイズにこだわる必要もなく、自分が好きな鏡や水栓などもつけることができます。

      ただ、工期がかかったり、清掃性も低く、防水性も低いというデメリットがあります。

      中でも、防水性の低さは深刻で、タイルの目地や浴槽の隙間などから徐々に漏れていき、木部などの腐食進行を早めてしまいますから、そうなる前にリフォームをおすすめします。

  • 生活の重要知識

    • お風呂場リフォームとユニットバスについて

      お風呂場のリフォーム方法には、在来工法と呼ばれる方法とユニットバスという方法があります。従来工法は要望通りのオーダーメイド式になるため、費用のことを考えるとユニットバスの方がお得といわれています。...

  • 生活の秘密

    • ユニットバスのリフォームが工期が短い

      従来の浴室は柱や壁に対して下地を作った上で、装飾も施さなければ水漏れを完璧に予防することはできませんでした。しかし、ユニットバスなら既存のボックスをスペースに対してはめ込むだけで良いので、床や壁から水が滲み出てしまう恐れがありません。...

  • これからの生活・生活の秘訣

    • ユニットバスにリフォームしよう

      自宅のバスルームをリフォームしたいとお考えの方にはユニットバスがおすすめです。住宅は築年数の経過によって劣化が目立つようになりますが、特に水まわりは劣化が進みやすく、掃除をしても汚れが落ちにくいとお悩みの方は少なくないでしょう。...

    • ユニットバスのリフォームはどのくらいの工事期間か

      古くなったユニットバスを最新のユニットバスへ交換するためには、既存の設備を解体し、配管や配線の工事を行って新しい筐体を組立設置するという大掛かりな工事が必要となります。当たり前ですが工事中には浴室の利用ができなくなります。...